新着情報Information

一昨日の8K技術「世界初」報道について

2018/03/16

一昨日3月14日に国立がん研究センターから四機関連名で「8K技術の医療応用で世界初の臨床試験実施」として下記ニュースが発表されましたが、その中で使われている「世界初」という表現は読者に誤った印象を与える可能性があると思われます。
https://www.ncc.go.jp/jp/information/pr_release/2018/0314/index.html

本会会員の皆様はすでにご承知の通り、8K内視鏡カメラによる医療応用は本コンソーシアムが主体となって2014年11月10日に森俊幸教授らが杏林大学で行った「胆のう摘出手術」が世界で初めての内視鏡手術です。
このことは既に国際的な科学論文としても出版されていますし、当時、日経新聞も「最前線現場」というコーナーで記事にしています(2014年12月18日夕刊)。また読売新聞(2014年11月27日夕刊)や毎日新聞(2015年11月19日科学面)にも掲載されています。

現在、本件に対する対応を本会理事・関係者間で検討していますが、取り急ぎ本会ホームページ上で会員各位にこのことをお伝えいたします。

平成30年3月16日
(一社)メディカル・イメージング・コンソーシアム
事務局長 上野直樹