MICについてaboutmic

ご挨拶

新しい医療機器を開発するためには、医療機器メーカー任せにしてきた今までのやり方を改め、開発の初期段階から、医師や看護師、臨床工学技士などの医療サイドと、医療機器メーカーあるいは大学・研究機関の研究者・技術者など工学サイドとの共同作業が必要で、さらに製品化までを考慮に入れれば、マーケット調査、知財管理、薬事申請や営業開拓等を行うビジネスサイドの協力も不可欠となってきます。
そのため本コンソーシアムでは医療機器を聖域化、特別扱いをせず、医療機器もわが国が得意とする工業製品の一分野であるとの認識の下、医療現場ですぐに役立つ『使えるメディカル・イメージング機器』の創出を目的に産学・医工融合を進め、医師、病院、関連団体、機関、開発エンジニア、企業、ファンド、諸外国等のネットワーク化を進め、相互協力しながら、医療現場・ユーザーの声を反映した製品開発を促進してまいります。
私たちは本コンソーシアムの活動を通じて、人と地球に優しいメディカル・イメージング製品の普及・進展を推し進め、かつ関連ビジネスの発展と健全化を図り、一人でも多くの命を守り、人類の幸せに貢献してまいる所存です。
是非この機会に本コンソーシアムにご入会いただき、絶大なるご支援・ご協力を賜りますようお願い申し上げる次第です。 理事長
千葉 敏雄
日本大学総合科学研究所 教授

我々のミッション

我々のミッションは、メディカル・イメージング・コンソーシアの活動を通じて、医療現場で真に役立つ先端医療機器の開発を加速させ、関連ビジネスの活性化を図り、一人でも多くの命を守り人類の幸せに貢献することです。
具体的には我が国のメディカル・イメージングに関するこれまでの実績とノウハウをベースに、新しいニーズとそれを実現するシーズ技術を追求いたします。また同時に、医工融合の立場から人と地球に優しい医療の普及を推進し、関係各方面に対して専門的見地より提言を行ってまいります。

我々のビジョン

メディカル・イメージング・コンソーシアムは、以下のビジョンを共有し活動してまいります。
我々のビジョンは、我々のミッションに賛同する方々が連携し、医療機器を聖域化、特別扱いをせず、わが国が得意とする工業製品の一分野であるとの認識の下、医療現場ですぐにでも導入していただける『使える医療機器』の創出に衆智を結集いたします。
従来のやり方では、横断的連携もないまま表面的な活動しかできておりませんでしたが、本コンソーシアムでは、医工融合を進め、医師、病院、関連団体、機関、開発エンジニア、企業、ファンド、海外関連機関等、幅広い関係者が相互協力し、医療現場からのリアリティのある声を反映した医療機器の開発プロジェクトを促進あるいは支援してまいります。